きっかけを、創発に。

青木研究室が大切にしていることは「きっかけ」と「創発」です。研究室内の全ての活動をきっかけに、自分と仲間の成果が合わさって新しい価値が創発される。創発コミュニケーションによって生まれるアイディアを重視し、ロボットを通じた共育工学を実践し続けます。

主な研究フィールドは医療・看護ロボティクス・社会インフラ用ロボティクス、社会実装ロボティクスです。

Aokilab. since 2010

2021年度に青木研究室は12年目を迎えました。これまで47人の卒業生を輩出しています。
2021年4月現在、教員1名、専攻科生5名、本科生4名で研究を進めています。

Credo ~青木研の約束~

青木研究室が大切にしているクレド・約束です。

「共に育つ」「創発を生む」「走りながら考える」